ホーム » アイテム » マウスピースで歯ぎしりを治すことができる

マウスピースで歯ぎしりを治すことができる

読了までの目安時間:約 2分

m0dddf

大人の歯の矯正には抜歯が必要ですが、治療が困難なので、歯ぎしり治療法としてはイマイチなところがあります。

大人の場合の歯ぎしりを治す方法としては、マウスピースを使うとよりよいでしょう。マウスピースは最も手ごろで始めやすい歯ぎしり対策として治すための方法です。

歯科医院で自分専用のマウスピースを作ってもらう必要がありますが、保険が適応されますから、3割負担で5,000円ほどとそれほど高額でもなくマウスピースを手に入れることができます。

歯科医院でマウスピースを作るとすれば、1週間から2週間かかります。最初は違和感を感じるのですが、慣れると問題なくはめることができますから、継続することが大切です。

基本的には夜寝ている間に利用します。日中ではなるべくかみしめないような努力をして、歯ぎしりを治すようにしましょう。

寝ている間つけているマウスピースは朝起きたら外します。外したあと1時間ほど歯が浮いた感じになりますが、治っていきますから問題ありません。

市販のマウスピースには手を出さないことが利口

実は歯科医院で作ってもらうこのマウスピース、市販でも流通しているのです。しかし市販のマウスピースは必ずしもうまく自分の型に固めることができない可能性がありますから、逆に歯が歪んでしまうということもあり得ます。

元の状態に戻すのに何十万円もかかるのに、市販品の粗悪な品で歯が逆にがたがたになるなんて、恐ろしくてできません。

知覚過敏というものも聞いたことがあるでしょうが、これも歯ぎしりと関係が深いのです。歯ぎしりをするから知覚過敏になります。

マウスピースは歯を削ることもなく自分で取り付け取り外しができる効果的な方法で、治す方法としても有名です。

 

この記事に関連する記事一覧

原因を知って対処をする!
カテゴリ
最新の投稿